ホテル業界ではおなじみのコンシェルジュ。宿 泊客の様々な相談や要望に応える「よろず承り 係」。航空券や観劇のチケットを手配したり、道 案内やレストランの紹介をしたりするのはもちろ ん、時には人探しや物探しなどあらゆる要望を 承り、「究極のパーソナルサービス」と言われて います。顧客一人ひとりに応じたきめ細かいサー ビスが注目を集め、今ではホテルのみならず、観 光道案内所や駅、百貨店、病院など、多くの業 界・企業に、コンシェルジュという制度が広がっ ています。

ロイヤル川口では、業界でいち早くこの制度を取 り入れ、お客様はもちろんの事、大切なご家族 を預ける親族様にもご満足頂けるよう、あらゆ る知識や人脈を駆使して要望に応えようと取り 組んでおります。

お客様一人一人と向き合い、
様々な要望に応えるコンシェルジュ達。

時には、「できません」と言ってしまうような場面 も多くございます。しかしながら、彼らは決して 「N O 」とは言いません。できない事を出来るとい うのではなく、自分たちが提供できるサービスを 限界まで引き上げ、最大限のサービスを提供 いたします。マニュアルにないサービスを考え、 提案すること。どんなご要望でも必ずリクエスト にも誠意をもってお答えいたします。

満足度調査では
他を寄せ付けず1 位の回答

ご入居された方へ満足度調査を行っております。その中で、毎回必ず名前が挙がるのが、コンシェルジュの職員です。

ご入居者のサービス提供は、以下のような流れで構築されます。コンシェルジュの職員が、ご入居者、ご家族、医師、看護師、ケアマネジャーからの情報やご要望をひとまとめにし、迅速にお客様の基へ提供する。その信頼感が、お客様から愛される理由です。

コンシェルジュは周りのスタッフと連携を取りながらご入居者の綿密なケアをおこなっています。

お客様が常に何を望まれるのかは、コミュニケーションにかかっております。故に、コンシェルジュは毎日お客様のお部屋へ伺い、お話しをさせて頂いております。その他にも、各お部屋には「よろずノート」が設置されており、伝えづらい事やご家族様からの要望などはこちらへお書き頂いております。

こうした日々のコミュニケーションが、お客様へ快適な生活をお届けするために必要だと心がけております。

ロイヤル川口のコンシェルジュたちが、普段からどんな想いをもってご入居者と接しているのか、実際に働く3人のコンシェルジュたちにインタビューをしてみました。ご入居者に対するそれぞれの想いを聞いてください。

自分が企画したことや実施したことに対して「凄い」と言わ れるのが一番うれしいですね。コンシェルジュの仕事は、 生活していく上での喜びや楽しみを提供して、生きがいを 創るのが仕事だと思っています。だからこそ、これからも入 居者様に私なりの「凄み」を提供していけたらと思います。

当り前の心配り。おしつけではなく、さりげなく、気づかれるか気づかれないくらいの心配りを心掛けています。ご入居者が、自分らしい生活を送れる環境を創ってあげることだと思います。

一つとして同じご要望はありません。それ故、ヘルパーや事務職員達とも協力して出来る限りご期待に添えられるように取り組んでいます。中でも思い出に残っているのは、お孫様の結婚式に参加をさせたいというご家族様からのご要望です。会場には階段や段差もあります。その為、数か月前からリハビリを計画し、当日はお孫様と一緒に式場を歩かれ、皆様大変喜ばれていたことが思い出です。時には難しい事もありますが、ご希望に添えた時の「笑顔」は何物にも代えがたいです。

ホテル業界ではおなじみのコンシェルジュ。宿 泊客の様々な相談や要望に応える「よろず承り 係」。航空券や観劇のチケットを手配したり、道 案内やレストランの紹介をしたりするのはもちろ ん、時には人探しや物探しなどあらゆる要望を 承り、「究極のパーソナルサービス」と言われて います。顧客一人ひとりに応じたきめ細かいサー ビスが注目を集め、今ではホテルのみならず、観 光道案内所や駅、百貨店、病院など、多くの業 界・企業に、コンシェルジュという制度が広がっ ています。

ロイヤル川口では、業界でいち早くこの制度を取 り入れ、お客様はもちろんの事、大切なご家族 を預ける親族様にもご満足頂けるよう、あらゆ る知識や人脈を駆使して要望に応えようと取り 組んでおります。

お客様一人一人と向き合い、
様々な要望に応えるコンシェルジュ達。

時には、「できません」と言ってしまうような場面 も多くございます。しかしながら、彼らは決して 「N O 」とは言いません。できない事を出来るとい うのではなく、自分たちが提供できるサービスを 限界まで引き上げ、最大限のサービスを提供 いたします。マニュアルにないサービスを考え、 提案すること。どんなご要望でも必ずリクエスト にも誠意をもってお答えいたします。

満足度調査では
他を寄せ付けず1 位の回答

ご入居された方へ満足度調査を行っております。その中で、毎回必ず名前が挙がるのが、コンシェルジュの職員です。

ご入居者のサービス提供は、以下のような流れで構築されます。コンシェルジュの職員が、ご入居者、ご家族、医師、看護師、ケアマネジャーからの情報やご要望をひとまとめにし、迅速にお客様の基へ提供する。その信頼感が、お客様から愛される理由です。

コンシェルジュは周りのスタッフと連携を取りながらご入居者の綿密なケアをおこなっています。

お客様が常に何を望まれるのかは、コミュニケーションにかかっております。故に、コンシェルジュは毎日お客様のお部屋へ伺い、お話しをさせて頂いております。その他にも、各お部屋には「よろずノート」が設置されており、伝えづらい事やご家族様からの要望などはこちらへお書き頂いております。

こうした日々のコミュニケーションが、お客様へ快適な生活をお届けするために必要だと心がけております。

ロイヤル川口のコンシェルジュたちが、普段からどんな想いをもってご入居者と接しているのか、実際に働く3人のコンシェルジュたちにインタビューをしてみました。ご入居者に対するそれぞれの想いを聞いてください。

自分が企画したことや実施したことに対して「凄い」と言わ れるのが一番うれしいですね。コンシェルジュの仕事は、 生活していく上での喜びや楽しみを提供して、生きがいを 創るのが仕事だと思っています。だからこそ、これからも入 居者様に私なりの「凄み」を提供していけたらと思います。

当り前の心配り。おしつけではなく、さりげなく、気づかれるか気づかれないくらいの心配りを心掛けています。ご入居者が、自分らしい生活を送れる環境を創ってあげることだと思います。

一つとして同じご要望はありません。それ故、ヘルパーや事務職員達とも協力して出来る限りご期待に添えられるように取り組んでいます。中でも思い出に残っているのは、お孫様の結婚式に参加をさせたいというご家族様からのご要望です。会場には階段や段差もあります。その為、数か月前からリハビリを計画し、当日はお孫様と一緒に式場を歩かれ、皆様大変喜ばれていたことが思い出です。時には難しい事もありますが、ご希望に添えた時の「笑顔」は何物にも代えがたいです。